バレエの衣装に憧れる

バレエの衣装はバレエをやっていなければ着用する機会というのがありません。でも女の子なら、きっとこのバレエの衣装に憧れるという子供がいるのではないでしょうか。私の姉が幼い頃にバレエをやっていました。自分で衣装を購入するほどの、バレエの発表会というものが無かったので、購入することはありませんでしたが、発表会の前に、姉が衣装合わせに行くとき、本当に羨ましい気持ちでいっぱいでした。ふわふわのレースがいっぱいについた白いバレエの衣装。バレエには、一切興味は無かったものの、この衣装には美しいな、と子供心にも姉に嫉妬したのを覚えています

スポンサードリンク
スポンサードリンク

バレエの衣装の種類

バレエの衣装は、既に型が決まっているものもあって、例えば、白鳥の湖の衣装や、くるみ割り人形、などにも大体の型があります。クラッシックチュチュという形が一番よく見る形でしょうか。白鳥や黒鳥が来ている衣装ですね。くるみ割り人形になると、むら娘風やチュニックのような形になると思います。これらのバレエの衣装は、購入やレンタルといった形で使用します。一般に市販、またレンタルとしてのものもありますが、オーダーメイドで作ることも可能です。今は、バレエの衣装も通販などで購入することができますし、オーダーメイドのショップも非常に多くなりました。

バレエの衣装の値段

バレエが私たち一般の興味を誘ったのが、やはり熊川さんの影響が大きいでしょうね。日本人で海外、しかもバレエの本場で一流と呼ばれた人ですからね。この人の登場で、バレエというものがどんなに過酷で、また美しいものか、ということを知ることになったのです。バレエの衣装にも続々と新作が登場していて、値段も様々。本当に10万円以上するバレエの衣装もありますし、オーダーメイドでも、10000円弱、という所もあります。インターネットでは、こういったバレエの衣装をレンタルまたはオーダーメイドできる店を紹介しています。

バレエの衣装のオーダーメイド

いつ見ても、バレエの衣装というのは、夢があります。今は、非常にカラフルな衣装も多くなり、またティアラなどもオリジナルで作成する、という所が多くなってきました。この衣装の作成をする所では、レッスン着なども作ってくれます。着心地よく自分のサイズにあった練習着を切ることができます。自分でデザインしたティアラでオーダーメイドのバレエの衣装を着て、舞台に立つことができたら、本当に一生の思い出になりますよね。美しい衣装を着ることのできるバレエダンサーの苦労を思うと、こういう光り輝く日があって当たり前だと思います。

バレエの衣装

脱税事例