肺がんの治療法とは?

肺がんの治療法は、肺がんの種類(組織型)、病期段階、患者さんの体力すなわち持ち合わせている生理学的機能などによって決められます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

肺がんの治療法(外科手術)

肺がんの治療法として、まず思い浮かぶのは、外科的手術ですが、肺がんの手術は、患部を切除する範囲から分類していくつかの種類に分かれます。 必要にして十分な切除は、肺の葉単位の切除とされています。 ですから、病巣のある葉と、その周囲のリンパ節を摘出するのが標準的な肺がんの治療法としての手術です。 もちろん患者さんの健康状態や病巣のひろがりかたによって、これ以上であったり、これ以下であったり、切除の範囲は適時変更されます。 この肺がんの治療法としての手術は、昔と違って今日ではごく安全におこなうことができ、通常時であれば、術後2週間くらいで退院する事が可能になっています。 しかし、手術が無事に終わることは、肺がんが治ることと同じではありません。 特に、肺がんの治療法というのは、予後や治癒の指標とされる五年生存率を考慮した上でその適正さがはかられるのですから、注意が必要です。

肺がんの治療法(化学療法)

その点を考慮すると、手術の五年生存率は、病期が一期の場合でも70-80%程度と決して満足のゆくものにはなっていません。 そこで、手術後に、肺がんの治療法として化学療法や放射線療法を組み合わせる試みが、実施されるようになってきました。 肺がんの治療法としての、化学療法は、ここ数年のうちに抗がん剤が数種類新たに発売になり、従来限られた薬剤しか使用できなかった時代とは違ってきています。 新薬剤は今までの薬剤より、抗腫瘍効果がわずかではありますが、優れていることは実証済みとなっています。 ただし、抗がん剤の副作用にはいろいろな発現が見られ、薬物アレルギーに始まり、腎障害・心毒性、それから消化器症状(嘔気・嘔吐)、肝障害、血液毒性(白血球減少・貧血・血小板減少)、肺障害、さらには末梢神経障害(しびれ)、便秘・下痢等が挙げられます。 肺がんの治療法としての、放射線療法は、患者さんの年齢,病期,肺がんの種類(組織型),病巣の位置や大きさ,肺機能などに応じて照射野や照射方法が適時決められます。

肺がんの治療法の注意点

以上は、主に非小細胞がんの場合の治療法を取り上げてきました。 このタイプに加えて、肺がんには小細胞がんの場合もありますが、小細胞肺がんは非小細胞肺がんよりも放射線、化学療法の受容性が高くなっていることや、発見時にすでに全身へがん細胞が転移していることが多いことから、非手術的療法を選択される場合が、治療法としては多くなります。 このように、肺がんの治療法にはいろいろなものがありますが、高度な医療技術に属するので、安易に民間療法には頼ることなく専門医の診断を受けてから、治療にかかることが必要でしょう。

スポンサードリンク

肺がんの治療法

脱税事例