肺がんの検査とは?

肺がんの検査とはどのようなものがあるでしょうか。
肺がんは近年急増しているガンです。最近の統計によると、肺がんは、がんによる死亡の約19%を占め、男性では第一位になっていて、女性でも第三位になっています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

肺がんの特徴と症状

肺ガンの特徴としてあげられることは、初期に自覚症状が現れることがまれなため、気づいたら、もうすでに病状がかなり進行しているケースが多いということです。 そして、肺がんの危険因子としてよく喫煙が挙げられますが、それ以外にもウイルスや放射能なども原因になります。 また、近年話題となったアスベストに関しても、中皮腫は肺がんの危険因子となっています。 ですから、タバコを吸わない人でも検診時には胸部X線撮影を行っていただきたいものです。 ちなみに、肺がんの症状としては、血痰や息切れ、咳、胸の痛み、喘鳴などが挙げられます。

肺がんの検査法

こういった肺がんの検査法としては、まずは胸部X線撮影というものがあります。 胸部X線撮影が、一般検診や人間ドックで通常用いられる肺がんの検査法となっています。ただし、この肺がんの検査法の欠点には、ごく初期の肺がんや、偶然に他の臓器の影の部分になってしまった肺がんは見つけにくいということがあります。 その他の肺がんの検査法としては、喀痰細胞診というものがあります。 喀痰細胞診は、特に精密な人間ドックで用いられることがある肺がんの検査方法です。 痰をとって、その中にがん細胞が含まれているかどうかを顕微鏡で精密に人の目で診断するというものです。 この方法も、肺がんの検査法としては精度の高い方法として知られています。 ただし、この検査法も欠点があって、がんが肺の末端部分にできている場合は、痰にがん細胞が含まれないため、見つけにくいということがあります。

肺がんの検査法と有効性

その他の肺がんの検査法としては、ヘリカルCTと言うものが人間ドックで用いられています。
このヘリカルCTは、ヘビースモーカーなどのハイリスク者対象のオプションとして用いられることが多くなっています。 ヘリカルCTは、肺全体をらせん状に撮影した後、それを立体的なCT画像にして再撮影するもので、前述の平面的な胸部X線撮影では発見することができない小さな肺がんまで発見が可能な精度の高い検査方法となっています。 以上が、肺がんの検査法のいろいろですが、いずれの検査法をとるにせよ、最終的な判断は、専門医の診断が必要になります。 また、肺がん検査の有効性としては、厚生労働省の見解は胸部X線撮影と喀痰細胞診の併用が優れているということになっています。

スポンサードリンク

肺がんの検査

脱税事例