引っ越しの値段・費用について

引越しの値段って結構かかる、といわれています。ほんの少しの距離でも何万円という金額がかかるといわれますよね。今は、引越しの値段もオンラインで見積ができるというサイトがありますよ。私もちょっと試しにやってみました。色々入力しなければならない項目がありました。引越し希望日、引越しの距離、家族構成、そして現在の家の状況や引越し先の状況を入力します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

引越しの値段の見積もり

例えば、現在の家が一戸建てかマンション・アパートかエレベーターがあるか、引越し先の道幅、現在の道幅、さらに、家具が何かあるか、電化製品に何があるか、他、布団や衣装ケース、絨毯、さおといったものの数を入力します。すると、ダンボールの数がいくつかかるか、という目安が出てきます。そして、荷物をダンボールに入れるか、業者に任せるか、という選択があります。さらに小さな荷物を自分で梱包するか、電気製品の取りはずし取付が必要か、という選択をします。ここで引越しの値段が出ます。これは便利ですよ。見積をしなくても、こういったインターネット上で引越しの値段を把握できるのですから。

引っ越しの費用を安くするコツ

引越しの値段がどのくらいか?ということで、私もちょっと試験的に行ってみましたが、思ったよりも大きい金額になりました。東京から静岡、一人暮らしを考えて、入力してみましたが、やはり20万円弱という引越しの値段になりました。以前、私も依頼をした事があるのですが、同じくらいの距離で、20万円くらいの見積になったことを思い出しました。 でも、これも、もっと安くするコツなどもあるのです。引越しの値段には、ダンボールなどの梱包用品が含まれています。まず、これは、スーパーやホームセンターなどによって購入できますし、いただける所もあります。インターネットでより格安にダンボールを購入することもできます。

引越しの料金と業者

あと、引越しの日程ですね。こちらの日程を引越しの業者に頼むのではなく、引越しの業者が都合のいい日を聞く、というのも、引越しの値段を下げる為に効力があります。特に、3月中旬から4月始めにかけては、学生や新社会人の引越しと重なりますので、非常に込み合います。ですから早めに引越しの業者に見積もり依頼して、業者さんにいつ頃がいいでしょうか?と聞いてみることです。それによって忙しい時期をさければ、より引越しの値段を下げることが可能になります。
また、引越しの業者によっては、値下げ交渉ができる、という場合もありますので、やってみる価値があります。

引越しの値段

脱税事例