不妊の原因について

不妊原因について調べてみました。不妊というのは意外と多くの人が抱えている悩みです。特に少子化傾向が続き、それによる高齢者介護や将来の年金制度に不安を抱えている日本では、子供を産まないことはしばしば批判の対象とされることもありますが、実際には産みたくても産めないという女性が相当数いることを忘れてはいけません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

不妊の原因は女性?男性?

不妊の原因については、その原因が一つでないというのはある程度多くの人が理解しているところでしょう。昔から不妊の原因を女性に求める風潮というのがありますが、男性が持っている妊娠の要因である精子がそもそも妊娠できるための機能を備えていなかったり、精子の数が極端に少ないというのも不妊の原因となりえます。

不妊症の女性の原因

また女性の側の原因として、最近多いのが年齢によるものです。都市部を中心に晩婚化が進む傾向は顕著ですが、女性は35才を過ぎた頃から妊娠するための機能が衰えてくる、つまり生殖機能が低下すると言われています。日々、体内で生産される精子と違い、卵子は元々女性の体の中に生まれ持ったものです。それを月ごとの排卵で消費していくので、年をとるごとに体内の卵子の数は減っていきます。また様々な要因から健康な卵子の割合も減りますので、高齢になると妊娠できる確率が低下してくるのは必然です。また、一般的に年齢が上がると夫婦間での性交の回数も減ってくるので、妊娠のチャンスが減っているといった事情もあります。

不妊と排卵の関係

しかし、若い人であっても不妊に悩んでいる人は多くいます。女性側の原因を考えたとき、排卵機能になんらかのトラブルを抱えているケースは意外と多いようです。生理の周期は28日といわれていますが、実際に機械のように正確に生理が訪れる人というのは稀で、ほとんどの人が生理周期のズレをもっています。それは排卵が定期的に起こらないということでもあります。排卵に伴う女性の体内の変化というのは意外と多く、排卵した卵子と精子が出会って受精が起こったあと、無事に子宮内に着床できるように、さまざまな環境が生理周期にあわせて整えられているのですが、定期的な排卵が起こらないことで、この環境の整備のタイミングが合わないということが起こりえます。それによって、正常な妊娠に至らないということが続き、不妊状態となってしまうこともあるのです。

不妊と年齢

他にも病的な原因や、染色体異常によるものなど、不妊の原因は様々ですが、年齢を重ねるごとに妊娠は難しくなっていくというのは確かです。どうも子供ができにくいようだということに気づいたら、早めに産婦人科の医師に相談してみるのも一つの方法です。恥ずかしい、自分の努力不足、といった思い込みから受診がためらわれる不妊ですが、今では科学的に様々な原因とそれに対応する治療方法も確立しつつあります。ぜひ、早めの受診をしてみてください。

スポンサードリンク

不妊の原因

脱税事例