視力回復レーザーの種類

視力回復のレーザーを用いた方法というのがあります。主にレーザーを用いた視力回復の方法は2通りあります。ひとつはPRKで、もう一つがLASIKです。 そもそも目が悪い(近眼)というのはどういう状態なのか、ということを説明しますと、目で物を視るというのは、目から入ってきた光が脳に伝達されるということです。目の内部では、目の入り口で水晶体というレンズの役目をする部分が目に入ってきた光を屈折させ、目の内側にある網膜上に焦点を結びます。網膜上にある視神経がその像を脳に伝えるわけですが、何らかの理由で水晶体にゆがみが生じ、屈折率が大きくなりすぎるために、光の焦点が網膜より手前で結ばれる状態を近眼とか近視と呼びます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

視力回復レーザー【PRK】とは?

PRKというのは、視力回復のためにエキシマレーザーという医療用のレーザーを用います。エキシマレーザーは、そのレーザーの威力(分子レベルでの結合を断ち切る力)が大変強いことと、レーザーが到達する奥行き(深さ)が、ゼロコンマ数ミクロンという大変に限られた範囲であるという特徴を持っています。簡単に説明すると、エキシマレーザーをあてた表面を強力に焼き切ることができ、しかもその内部には影響を与えない、ということになります。その性質を利用して水晶体の表面を少しだけ削ってやることで、水晶体の屈折率を下げ、近視を治療するというのがPRKの考え方です。 PRKではレーザーの照射をコンピューターにより制御することで、必要な屈折率を得られるだけの水晶体切削を行いますので、医者の技量に左右される要素が少なく、それだけ安定した視力回復の効果が得られるレーザー治療であると言われます。しかし、目のレンズを直接削り取るという手術のため、術後は数日間、目の痛みがありますし、すぐに物がクリアーに見られるというわけでもありません。

視力回復レーザー【LASIK】とは?

一方のLASIKですが、こちらも視力回復にレーザーを用いる方法です。やはりエキシマレーザーを用います。PRKでは角膜の表面を直接削り取ることで屈折率を調整しましたが、LASIKでは角膜の表面は削りません。マイクロケラトームという特殊な機器を用いて角膜の表面をめくれるように側面に切れ込みを入れます。こうしてできた角膜の蓋(フラップ)をめくり、実質的な角膜の部分をエキシマレーザーで削ることにより水晶体の屈折率を調整するのです。エキシマレーザーの照射はやはりコンピューター制御です。 LASIKでは角膜の表面はフラップ状態にして直接ダメージを与えないため、術後の痛みはあまりありませんし、10分もすればとりあえず物を目で見ることができるようになります。実際には術後の経過を見るために1ヶ月程度は通院する必要がありますが、視力回復効果はすぐに表れます。しかしフラップを作るためのマイクロケラトームを用いた切開手術は医師の経験により左右されるところが大きいので、信頼できる病院選びがLASIK成功の鍵を握っているといえるでしょう。

視力回復レーザーとコンタクト

視力回復レーザーのPRKとLASIKについて簡単にまとめました。将来はコンタクトを使っている人もレーザーに移行する人が増えてくるかもしれませんね。コンタクトを手入れするわずらわしさ、目の痛みから解放されるのであれば、これほど楽なものはありませんね♪

スポンサードリンク

視力回復レーザー

脱税事例